トピックス

 

「生ごみリサイクル全国ネットワーク」で門馬社長が講演しました

「生ごみリサイクル全国ネットワーク」で門馬社長が講演しました
 
                                       2019-06-19
 NPO法人「生ごみリサイクル全国ネットワーク」と東京都との協働による学習会で、門馬義幸社長が「海外における微生物資材活用の動向と国内の食品残さの活用」を東京都消費生活総合センターで講演しました。
 海外では化成肥料と農薬の多様による土壌環境の悪化や食品の安全性に対する人々の意識の変化を背景に、農業用微生物資材が注目され、その活用が急伸しています。弊社の微生物資材が食品残さを鶏の飼料にしていることを報告しました。
 

『月刊廃棄物』に「海外における農業用微生物資材」が掲載されました

『月刊廃棄物』に「海外における農業用微生物資材」が掲載されました
 
                                                                                                                   2019-06-04
門馬義幸社長の「海外における農業用微生物資材」が『月刊廃棄物』(日報ビジネス株式会社 2019年6月1日号)に掲載されました。「生ごみリサイクル基礎講座vol.50」の一環です。アジア、欧米各国では農業用微生物資材が急速に伸びていますが、日本では伸び悩んでいる現状の報告です。
 

「バカマツタケの人工培養」が『生ごみネット』に掲載されました

「バカマツタケの人工培養」が『生ごみネット』に掲載されました
 
                                                                                                                  2019-05-16
門馬義幸社長の「バカマツタケの人工培養」が2019年5月発行の『生ごみネット(No.47)』(NPO法人生ごみリサイクル全国ネットワーク)に掲載されました。
 

「さんけんネットワークニュース(No.65)」を発行しました

「さんけんネットワークニュース(No.65)」を発行しました
 
                                                          2019-01-07
サイドメニューの「さんけんネットワークニュース」をご覧ください
 

門馬義幸社長の「海外の農業用微生物資材の動向」が生ごみネットに掲載されました

門馬義幸社長の「海外の農業用微生物資材の動向」が生ごみネットに掲載されました
 
                                                                                                                     2018-12-10
海外における農業用微生物資材の現状を『生ごみネット No.46』(NPO法人生ごみリサイクル全国ネットワーク会報 2018年11月)で紹介しています。
 

岡澤健男さんのほうれん草が成城石井さんの店頭に並んでいます

岡澤健男さんのほうれん草が成城石井さんの店頭に並んでいます
 
                                                                                                                   2018-11-09
アーゼロン・Cを使って栽培したほうれん草を是非ご賞味ください!
 

異業種交流会に参加しました

異業種交流会に参加しました
 
                                      2018-10-09
三井生命ホール(大手町野村ビル17階)にて行われた異業種交流会(三井生命保険株式会社提供)に、6月に引き続き参加しました。今回は東京を中心に179社が参加しました。
 

「さんけんネットワークニュース(No.64)」を発行しました

「さんけんネットワークニュース(No.64)」を発行しました
 
                                        2018-08-01
サイドメニューの「さんけんネットワークニュース」をご覧ください。
 

異業種交流会に参加しました

異業種交流会に参加しました
 
                                       2018‐06‐04
三井生命ホール(大手町野村ビル17階)にて行われた異業種交流会(三井生命保険株式会社提供)に参加しました。238社にも及ぶ企業が参加されました。
 

『生ごみネット』で「消滅型生ごみ処理機での微生物の働き』が掲載されました

『生ごみネット』で「消滅型生ごみ処理機での微生物の働き』が掲載されました
 
                                       2018‐04-20
NPO法人生ごみリサイクル全国ネットワークの会報『生ごみネット』(No.45  2018年5月)で門馬義幸社長の「消滅型生ごみ処理機での微生物の働き」が掲載されました。
 

岡澤健男さんのほうれん草が成城石井さんの店頭に並んでいます

岡澤健男さんのほうれん草が成城石井さんの店頭に並んでいます
 
                                                                                                                     2018-04-02
岡澤健男さん(千葉県佐原市)がアーゼロン・Cを施肥して栽培したほうれん草が成城石井さんの店頭に並んでいます。甘みがあって、ほうれん草独特のエグ味がほとんどありません。是非、ご賞味ください。
 
 

「さんけんネットワークニュース(No.63)を発行しました

「さんけんネットワークニュース(No.63)を発行しました
 
                                     2018年4月2日
サイドメニューの「さんけんネットワークニュース」をご覧ください
 

『最新農業技術土壌施肥vol.10』でアーゼロン・Cが紹介されています

『最新農業技術土壌施肥vol.10』でアーゼロン・Cが紹介されています
 
                                                                                                                    2018-03-12
一般社団法人・農村漁村文化協会(2018年3月10日)発行の『最新農業技術 土壌施肥』(vol.10)は「作物・土壌の活性化資材」が特集です。アーゼロン・Cをはじめとする微生物資材と肥料・土壌改良材が紹介されています。
 
アーゼロン・C ― 多種多様な有効清浄微生物群の特殊肥料
(1)開発の経緯
(2)資材の特徴
(3)資材の効果
(4)使用方法
(5)使用事例
 

門馬社長が生ごみリサイクル全国ネットワークの理事会で報告を行いました

門馬社長が生ごみリサイクル全国ネットワークの理事会で報告を行いました
 
                                                                                                                    2018-02-26
門馬義幸社長がNPO法人 生ごみリサイクル全国ネットワークの理事会(東京都消費生活総合センター 15F)において、環境浄化製品「ニューダッシュロン」の有効微生物の働きについて解説を行いました。
 

『肥料農産新報』(新春特集号)に門馬社長の「新年を迎えて」が掲載されました

『肥料農産新報』(新春特集号)に門馬社長の「新年を迎えて」が掲載されました
 
                                                                                                                   2018-01-09
『肥料農産新報』(平成30年1月5日 第2566号)に門馬義幸社長の「新年を迎えて」が掲載されました。海外における微生物資材のマーケットについての論考です。
 

さんけんネットワークニュース(No.62)を発行しました

さんけんネットワークニュース(No.62)を発行しました
 
                                         2017-12-25
サイドメニューの「さんけんネットワークニュース」をご覧ください
 

「食料自給率を考える」が『肥料農産新報』に記載されました

「食料自給率を考える」が『肥料農産新報』に記載されました
 
                                       2017‐08‐17
『肥料農産新報』(平成29年夏季特集号 第2554号)に門馬義幸社長の論考「食料自給率を考える」が掲載されました。
 

さんけんネットワークニュース夏号(No.61)が発行されました

さんけんネットワークニュース夏号(No.61)が発行されました
 
 2017-08-10 
サイドメニューの「さんけんネットワークニュース」をご覧ください
 

「生ごみカラット」の使い方でアーゼロンが紹介されました

「生ごみカラット」の使い方でアーゼロンが紹介されました
 
                                                                                                                 2017-05-12
NPO法人生ごみリサイクル全国ネットワーク発行の「生ごみカラットで温暖化対策しませんか:生ごみの水分減量とたい肥づくり」の「米ぬかと微生物資材、有機質肥料」で下記のように紹介されています。
「・・・米ぬかが入手できない場合、そして初めてたい肥化に取り組む場合、微生物資材を加えるとよいです。微生物資材としてはアーゼロンやオーレス,VS34,アスカマンなどがあります。・・・」
 

ホームセンタースズキさんにてアーゼロン・Cの店頭販売を行いました

ホームセンタースズキさんにてアーゼロン・Cの店頭販売を行いました
 
                                                                                                                  2017-05-01
4月29日(土)、ホームセンタースズキさん(川崎市多摩区栗谷3-3-8 小田急線「生田」駅下車徒歩6分)にてアーゼロン・Cの店頭販売を10時から15時まで行いました。アーゼロン・Cは5月7日(日)まで特別価格での販売です。家庭菜園の季節になりました。野菜にもお花にもアーゼロン・Cは効果があります。是非、お試しください。
 

『肥料農産新報』に「祝!日本ライフ“設立45周年”」の記事が掲載されました

『肥料農産新報』に「祝!日本ライフ“設立45周年”」の記事が掲載されました
 
                                                                                                                 2017-04-10
『肥料農産新報』(第2543号 平成29年4月5日)に弊社設立45周年の記事が掲載されました。今後も弊社のバイオ健康肥料が土作りに貢献することを願っております。
 

オーガニックレストラン縁ゆのHPで門馬相談役が紹介されています

オーガニックレストラン縁ゆのHPで門馬相談役が紹介されています
 
                                                                                                                 2017-4-10
「縁ゆ」のオーナー福井重雄氏が、HPのコンセプトの欄で以下のように記載しています。 
「・・・有効微生物群の複合培養の特許を持っている、日本ライフ株式会社の門馬社長を(船井幸雄先生から)紹介していただいたことで、私のライフワークが決まりました。それは、有効微生物を利用して無農薬・無化学肥料の農業を行う会社を設立し、身体に安全・安心・栄養価の高い野菜や果物、食肉を供給し国民の健康の維持・増進を図ることです。」
 

成城石井さんの店頭にアーゼロン野菜が並んでいます

成城石井さんの店頭にアーゼロン野菜が並んでいます
 
                                                                                                                    2017-04-05
岡澤農園さんのほうれん草と健康野菜グループ(代表山口善治さん)の春キャベツが並んでいます。
いずれも「アーゼロンC]シールが貼ってあります。是非、ご賞味ください。
 

さんけんネットワークニュース(2017 No.60)が発行されました

さんけんネットワークニュース(2017 No.60)が発行されました
 
                                                            2017-03-31
サイドメニューの「さんけんネットワークニュース」をご覧ください。
いよいよ家庭菜園の季節になりました。アーゼロン・Cなど日本ライフの微生物資材をお使いください。
 

「微生物資材の役割」(門馬義幸)が『土づくりとエコ農業』に掲載されました

「微生物資材の役割」(門馬義幸)が『土づくりとエコ農業』に掲載されました
 
                                                                                                                    2017-01-23
「微生物資材の役割-アーゼロンゆうきPelletで土づくりを-」(門馬義幸)が『土づくりとエコ農業』(一般財団法人 日本土壌協会発行 2016年12月号/2017年1月号 Vol. 49  No.536)に掲載されました。
 

「新年を迎えて」(門馬義幸)が『肥料農産新報』に掲載されました

「新年を迎えて」(門馬義幸)が『肥料農産新報』に掲載されました
 
                                                                                                                   2017-01-12
『肥料農産新報』(平成29年新春特集号 第2534号)に門馬義幸社長の論考「新年を迎えて」が掲載されました。
 

さんけんネットワークニュース(2017 No.59)が発行されました

さんけんネットワークニュース(2017 No.59)が発行されました
 
                                                                                                                  2017-01-01
サイドメニューの「さんけんネットワークニュース」をごらんください。
 

ブランドスーパー成城石井さんにアーゼロン野菜が並び始めました

ブランドスーパー成城石井さんにアーゼロン野菜が並び始めました
 
                                                                                                                2016-12-28
成城石井さんの店頭に並木良知さんの人参と健康野菜グループの山口善治さんのキャベツが並んでいます。いずれも「アーゼロン・C」シールがついています。是非、ご賞味ください。
 

「国菌アスペルギルス・オリゼの働き」が『生ごみネット』に掲載されました

「国菌アスペルギルス・オリゼの働き」が『生ごみネット』に掲載されました
 
                                          2016-11-16
「国菌アスペルギルス・オリゼの働き」(門馬義幸)がNPO法人生ごみリサイクル全国ネットワーク会報『生ごみネット』に掲載されました。
 

肥料農産新報に「微生物資材部会開く」が掲載されました

肥料農産新報に「微生物資材部会開く」が掲載されました
 
                                                                                                                  2016-09-05
『肥料農産新報(第2524号 平成28年9月5日発行)』に「土壌改良資材協議会・微生物資材部会(部会長:門馬義幸)開く」が下記のように掲載されました。
「・・・部会では、微生物資材自主表示基準について、これまでの経緯の報告があり、その後、品質管理方法、評価方法、今後の課題について、活発に意見交換が行われた。」
 

『肥料農産新報』に「これからの日本を思う」が掲載されました

『肥料農産新報』に「これからの日本を思う」が掲載されました
 
                                                                                                                     2016-08-10
『肥料農産新報』(第2522号 平成28年8月5日発行)に門馬義幸社長の論考「これからの日本を思う」が掲載されました。
 

「大村智博士の業績」が『生ごみネット』に掲載されました。

「大村智博士の業績」が『生ごみネット』に掲載されました。
 
                                                                                                                    2016-05-18
「大村智博士の業績」(門馬義幸)がNPO法人生ごみリサイクル全国ネットワークの会報『生ごみネット』(No.41 2016年5月号)に掲載されました。
 

4月29日、ホームセンタースズキにて店頭販売を行いました

4月29日、ホームセンタースズキにて店頭販売を行いました
 
                                                                                                                    2016-05-02
アーゼロン・Cの店頭販売をホームセンタースズキ(川崎市多摩区栗谷3-3-8)にて行いました。
 
 

成城石井さんの店頭にアーゼロン野菜が並んでいます

成城石井さんの店頭にアーゼロン野菜が並んでいます
 
 
                                          2016-02-25
現在、ブランドスーパー成城石井さんの店頭にほうれん草(岡澤健男さん)、キャベツ(山口善治さん)、人参(酒井久和さん)が並んでいます。是非、ご賞味ください。
 

『肥料農産新報』に「TPP問題を考える」が掲載されました

『肥料農産新報』に「TPP問題を考える」が掲載されました
 
2016-01-05
『肥料農産新報』(平成28年1月5日 新春特集号 第2503号)に門馬義幸社長の論考が掲載されました
 

「腸内細菌の働き」(門馬義幸)が『生ごみネット』掲載されました

「腸内細菌の働き」(門馬義幸)が『生ごみネット』掲載されました
 
                                                                                                                   2015-11-17
NPO法人生ごみリサイクル全国ネットワークの会報『生ごみネット』(No.40 2015年11月)に「腸内細菌の働き」が掲載されました
 
フォーム
 
JAようていゆり根生産組合研修会にて「有効微生物群について」
2009-01-16
の講演を行いました
門馬義芳社長が平成21年1月16日(金)午後3時より、洞爺湖万世閣にて「有効微生物群(アーゼロン)」についての講演を行いました。JAようていゆり根生産組合の藤田英則会長をはじめ、約30名が参加されました。
 
『肥料農産新報』に「これからの日本を思う」が掲載されました
2009-01-05
『肥料農産新報』新春特集号(平成21年1月5日)に門馬義幸常務の論考が掲載されました。
記事を見る
 
「養豚用微生物配合飼料『L-17』」(門馬義芳)が『養豚情報』
2009-01-01
(2009年1月号 Vol.37 No.1)に掲載されました
新春特集号のトピックスとして掲載されました。私達人間が腸内細菌を活性化させるために、乳酸菌やビフィズス菌を接取するように、豚の健康を保持するために与えるの「L-17」であり、その使用方法と効果を具体的な実証データを添えて解説してあります。
 
ブランドスーパー成城石井の店頭にアーゼロン野菜が並んでいます
2008-12-26
12月26日(金)現在、アーゼロン・Cを施肥した健康野菜グループのキャベツと大根、並木農園の人参、八千代組合のブロッコリーなどが店頭に並んでいます。アーゼロン・Cシールが目印です。是非、ご賞味ください。
 
アーゼロンが『酵素力革命』(新谷弘実著、講談社、2008年9月24日発行)
2008-09-24
で紹介されています
今月発売になった新谷弘実教授の『酵素力革命』で、アーゼロンと門馬義芳社長が紹介されています(p.61~p.64)。新谷教授が門馬社長と会った話、アーゼロンを培養する培地の苦労話や独自性、アーゼロンの歴史について書かれています。教授は土壌=腸と踏まえ、有効微生物の大切さを述べています。是非、お読みください。
 
Calbeeの生産地限定ポテトチップスが首都圏で発売されています
千葉県産ジャガイモを100%使用した生産地限定ポテトチップスが首都圏で発売されています。生産者は飯塚明司さん、秋山喜久夫さん、江原幸司さんの3人です。ポテトチップスの袋の裏に写真付で紹介されています。是非、ご賞味ください。
 
飯塚明司さんがカルビー株式会社のホームページで紹介されています
生産者紹介のコーナーと生産地限定ポテトチップスの2箇所で飯塚明司さんが紹介されています。長年、アーゼロン・Cをお使いになっている飯塚さんは次のように述べています。生産者のPROFILEから一部引用させていただきます。
「生産においては常に『品質の良い物を提供する』といった事を心がけています。それには、畑の土作りに始まり、供に作業するメンバーの品質に対する高い意識だったりと様々なことが要因としてありますが、じゃがいもの品質が良くなるように毎年勉強・試行錯誤を繰り返しています」
サイト内検索で飯塚さんの名前で検索できますし、「生産者からのメッセージ」を開き、詳細情報の千葉県でも検索できます。是非、ご覧になってください。
 
アーゼロン・Cが日本ライフが日本経済新聞(平成20年8月24日)
2008-08-24
にて紹介されました
朝田賢治氏(日本経済新聞記者)のコラム「『エコ野菜』なのになぜ格安」にて紹介されています。エコノ探偵団の深津明日香が読者が関心を持っているテーマを毎回取り上げるコラムです。今回は有機栽培・特別栽培のエコ野菜の価格について書かれています。一部引用させていただきます。
「高級食材を中心に取り扱うスーパー、成城石井。明日香は同社の店舗でキャベツに『アーゼロン・C』と書いたシールが貼ってあるのを見つけた。『これは何ですか』。商品青果課長の大石將博さんに聞くと『有機肥料の名前です。これを使った作物はおいしいものが多いです。』 明日香は肥料の製造元である日本ライフ(東京都狛江市)を訪ねてみた。常務の門馬義幸さんは『最近は化学肥料の価格が高騰し、有機肥料が注目を集めています。』 明日香はこの肥料を使って特別栽培野菜をつくっている千葉県銚子市の健康野菜生産グループに向かった。代表理事の山口善治さんは『最近は化学肥料の価格が上がったため、生産コストの差が縮待っています』と話した。」
 
肥料農産新報に「バターの品不足と米の余剰について思う」が掲載されました
2008-08-05
肥料農産新報新春号(平成20年8月5日・15日合併号)に門馬義幸常務の論考が掲載されました。
記事を見る
 
アーゼロン農法のいしぐろ農園さんがとうもろこしの販売をはじめます
2008-08-01
アーゼロン農法で栽培しました「とうもろこし」を8月上旬から発送いたします。1箱(10本入り)、1500円です。限定生産につき無くなり次第受注終了になります。お問い合わせは電話かFAXでお願いいたします。電話でのお問い合わせは18時から20時までが繋がりやすくなっています。
いしぐろ農園
北海道士別市中士別町2線西2番地 Tel & Fax 0165-23-5832
qrcode.png
http://www.nihonlife.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
015370
<<日本ライフ株式会社>> 〒201-0002 東京都狛江市東野川1-34-14 TEL:03-3488-8700 FAX:03-3488-9921